加齢臭の原因と対策

加齢臭 原因

いつもと変わらない生活を送っていても40代、50代となってきますと、枕の臭いなど、今までになかった独特の臭いに気づく瞬間があります。

 

その臭いは一般的に、『加齢臭』と呼ばれています。

 

では、その加齢臭がどうして出てくるのか?その原因や対策方法をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

加齢臭の原因は、一体なに?

 

加齢臭の臭いの原因は、ずばり『ノネナール』という物質です。

 

 

 

 

「加齢臭」という言葉はよく耳にしますが、加齢臭という言葉自体の意味は、
人が年齢を重ねるにつれて発するようになる、中高年特有の体臭のことです。

 

 

 

人体には、皮膚のうるおいを保つための皮脂を分泌する皮脂腺があります。
年齢を重ねていくと、この皮脂腺の中のバルミトオレイン酸と呼ばれる脂肪酸が増加します。

 

 

それと同時に、過酸化脂質という物質も増えはじめます。
バルミトオレイン酸が、この過酸化脂質と結びつくことにより、分解・酸化されてできるのがノネナールという物質です。

 

 

 

 

まとめますと、皮脂が酸化して発生する『ノネナール』こそが、加齢臭の元です。

 

 

 

 

 

加齢臭は、体のどこからニオイがしているのか?

 

枕に加齢臭

加齢臭は、体のすべてからニオイがしているわけではなく。ノネナールのニオイの物質があるところ、すなわち、体の中で特に皮脂の分泌量が多いところから発生します。

 

 

 

 

その皮脂の分泌量が特に多い(ノネナールが多い部分)は、

 

@頭皮
A鼻の脇
B耳の後ろ
C脇の下
D胸
E背中

 

です。よく聞くニオイの発生部分は、耳の後ろ側ですね。

 

 

 

僕は、枕が今までになく、異常に臭い(古い油のような臭い)ことで加齢臭に気づいたのですが、
枕が臭いことは、結構あるあるみたいなので、ビックリしました。

 

 

 

要は、頭皮・耳の後ろなどからの加齢臭が枕に移ったことで、ニオイがしていたということです。

 

 

お風呂場で、体を洗う前に、鼻や耳の後ろ、脇の下などを触ってみると、脂が指につく感じがよく分かるときがあります。
それだけ、皮脂が多い部分だということがよくわかります。

 

 

 

 

 

加齢臭の元、『●●●●●』は、いったいどんなニオイなのか?

 

加齢臭に近い臭い

 

 

 

一般的に、加齢臭の元であるとされる、ノネナールは「ロウソク」や「図書館(古い本)」、「青かびチーズ」、「古い油」のようなニオイといわれています。
しかし、こう聞いただけで、ノネナールのニオイは大キライという人はそれほどいないという意外な事実もあります。

 

 

 

なぜなら、人間の嗅覚は幼少期(3〜4歳頃)までにほぼ完成されますが、この時期におじいちゃん、おばあちゃんと過ごした人は、成人しても加齢臭をいやとは思わない傾向があります。

 

一昔前には(サ〇エさんの家族構成みたいなイメージ)ひとつの家に三世代同居しているとか、祖父母が近くに住んでいるのでよく立ち寄ったとか、休みが少しまとまってとれると、田舎の家に遊びに行くということのが当たり前だった時代がありました。 要は、加齢臭などの年齢を重ねていって出てくるニオイを問題にするということもない傾向もあるわけです。

 

 

 

そばにあったけれども気づかなかったニオイ、いやだとは思わないニオイだったともいえます。

 

潔癖指向の今の時代になって、年を取れば誰でも出てくる加齢臭などのニオイが気になりだしたのでしょうか。そこまで気にする必要はないように思いますが、変に気にしすぎるのも考えものかもしれません。

 

 

 

 

 

 

女性の加齢臭ケア

 

女性の多くは、男性が毎日スーツを着るように毎日同じ服を身に着ける人は少ないですし、化粧品や香水、微香性のデオドラントスプレーなどを使うため、体臭そのものが表に出ないことが日常となっています。

 

逆にいえば、香水やお化粧は落とす時が来ますので、そのあとのことを考えますと加齢臭は男女ともにケアすべきものであるということが言えます。

 

 

 

加齢臭

 

 

 

 

 

 

生活習慣病や、ストレスにも関係がある!? 

 

加齢臭と生活習慣病

 

実は加齢臭には、生活習慣病と大きな関係があると言われています。

 

普段の生活での典型的な例を出すと、 食べ物では肉類が好きで、お酒を飲む量は多く、たばこも一日に一箱や二箱を吸って、どっぷりと仕事づけでずっと運動不足の状態が続いている。そんな生活を送っていると健康にも悪いですし、当然ストレスも多くなります。

 

このような生活を続けていると、『生活習慣病』になりやすいということはよく知られていることです。

 

 

 

加齢臭が発生する原因も、生活習慣病リスクととても似ています。

 

不摂生を続けながら、年を重ねていくと、血管の中にコレステロールが溜まっていくことと同じように、皮脂腺にも脂肪分が溜まっていきます。

 

分解される脂肪分が多くなるということは、当然、加齢臭の元となるノネナールの量も多くなっていきます。

 

まとめますと、生活習慣病になりやすい生活を送っている人ほど、加齢臭も強くなりやすいと言えてきます。

 

 

 

 

 ストレス も関係しています。ストレスを感じていると、体の中の活性酸素が増加します。

 

ノネナールは脂肪酸の一種パルミトオレイン酸が過酸化脂質と結びついて作られて増えるのは、実は活性酸素が体内に大量発生したときなのです。

 

ですので、ストレスをためればためるほど、活性酸素が増えてゆき、結果過酸化脂質も増加します。

 

加齢臭の強弱は、活性酸素の量の差、つまり、ストレスの強さも大きく影響するわけです。

 

 

 

 

 

加齢臭の原因を減らす対策は?

 

加齢臭とストレス

 

加齢臭を減らしていくには、毎日のストレスを減らすことと、ノネナールを発生させないために体の内側からの対策が必要になってきます。

 

 

 

まず、パルミトオレイン酸の原料となる肉類、マヨネーズ、バターなどの脂質摂取の量に気を付けて、出来る範囲で少しづつ減らしていきましょう。
そして、活性酸素を減らす ビタミンCやEを、野菜や果物類から十分にとっていきたいのですが、果物類は糖分もありますので、摂り過ぎに注意しましょう。

 

 

ビタミンCとEはお互いの劣化を防ぎ合う効果があるので、一緒に取ると、より効果があると言われています。

 

 

さらに、活性酸素によってダメージを受けた細胞を再生する「抗酸化物質」を多く取ることも大切です。
抗酸化物質の一例をあげると、緑茶のカテキン、ゴマに含まれるセサミノール、赤ワインに豊富なポリフェノール、大豆に含まれるイソフラボンなどです。

 

 

でも、急にこれらの事を今からすぐに対応しようと思ったら、そのことがストレスになってしまいます。

 

焦らずに、じっくりと対策をしていきましょう。

 

 

 

加齢臭対策グッズで、最後にたどりついたものは、『薬用ネオテクト』でした。

 

 

 

 

 

加齢臭には、男性と女性との差はあると思いますか?

加齢臭と女性

実は加齢臭には、男性と女性との差はありません。世間のイメージでは、男性にしかないようなところもあるのですが

 

ちょっと前ですが、『オヤジ臭』という言葉のインパクトが強すぎたことから来ているのかもしれませんね。

 

見た目などでイメージされたりすると辛いので、最低限身の回りはサッパリしておくのも一つの臭いの対策になると思います。

 

 

 

 

加齢臭=オヤジ臭???

 

加齢臭

 

この加齢臭という言葉と同時にマスコミが取り上げてきたもう一つの言葉が「オヤジ臭」です。当時は、加齢臭が「オヤジ臭」の原因だともいわれて、大きく騒がれました。

 

 

じつは、この加齢臭の仕組みは男女共通のもので、男性特有のものではないのです。
ですので、「加齢臭=オヤジ臭」ではないのです。

 

 

 

調べて分かったことは、男性でも女性でも、汗も脂肪酸も分解されなければ悪臭にはなりませんし、汗や脂肪酸が分解されてしまうと、強弱の差はあっても、男女ともに臭うことに変わりはないわけです。

 

それでも世間のイメージは 女性に比べて男性のほうがニオイが目立っていると思います。
男性のイメージが強い原因の一つは、清潔さや服装に対する気づかいの違いのせいからきていることもあると考えられています。